2009年10月21日

浜松の秋、チーム和牛の秋

前回実況風に書き込んでいた、浜松ツアーのお話です。

浜松に行ってきたのは、三河牛が同級生の結婚式に出席するためで、自分と娘は招待されてないのですが、半日以上娘と二人だけで留守番するのは無理だろう、ということでついて行きました(笑)

浜松到着後に嫁と別れて、式が終わり次第合流する計画です。

結婚式場は、浜松駅に隣接している、アクトシティという巨大なビルで行われていました。ホテルオークラが入っているのでアクティ大阪みたいな感じでしょうか。

結婚式は3時間ぐらいなので2回ほどオムツを替えて、1回ミルクをあげればもつだろうと予想しておりました。ついでにちょっとした浜松観光もできるかなぐらいに思っていたのですが、あいにく浜松はけっこうな雨。

しかも抱っこ紐を忘れてきてしまい、まったく動けない状態になってしまいました。

たまたまアクトシティだけで使える無料のベビーカーが借りられたのでそれにジュニアをのせて建物の中をふらふらして過ごしました。

ほどなくおむつサインがでて、ジュニアがぐずりだします。

こういうデカくて公共性の高い施設には、子供用の施設も充実していて各階にベビーベッドが設置されているのですが、全部女子トイレの中(´Д`)
親父は使えません_| ̄|○
インフォメーションセンターのお姉さんに相談したら、エスカレーター裏の「授乳室」を開けてくれました。

アクトシティの監獄部屋
部屋に入った直後の様子。まだジュニアは泣いておらず、
おむつ交換だけで10分ぐらいだと思っていました。
(プライバシーのため、画像修正しております)


ATMかなにかがあったような感じの2畳ぐらいの狭い部屋。ぽつんと会議用の机とパイプ椅子が置かれていました(写真)それでも隔離されたこういうところはありがたい。
外に出るとなかなかないですからね。

この部屋に入っておむつ替えを始めた途端に火のついたようにジュニアが泣き出し、なだめたり、ミルク作ったり、あやしたりしておりました。
たぶん1時間以上はこの狭い部屋にこもっていたように思います(泣)

浜松観光どころか、ビルの一角の狭い部屋で籠城することになろうとわ・・・


ミルクを飲んだ後もしばらくぐずりまくっていたジュニアも粘り強くしていると、疲れてきたのか大人しくなりました。

授乳室を出た後は、主にアクトタワー方面をウロウロしていました。喫茶店に入ったり、ヴィレッジバンガードを見て回ったり。

当初18時に終わると聞かされていた披露宴は、90分押しの19時30分ぐらいに終了。会場の使用時間とかも考えると、初めから終了時刻は19時ぐらいだったんだと思います(^^;)

ホテルのロビーに移動して、三河牛を待っていると、同級生のお友達軍団に会い、ほんの少しですが、お話できました。
すでにお子さんがいる槌さんと、OGさんの話によると、ウチのジュニアは女の子らしく、体がふよふよして柔らかいらしい。
男・女の違いなど赤ちゃんには関係ないものだと思っていましたが、あるんだと感心しました。
ただ、自分の中では比べるものがないので、ジュニアはやっぱり性別関係なく赤ちゃんという生き物ですね(^^;)

そんなこんなで浜松の夜はふけていきます。
まだまだ我らチーム和牛には旅が待っておりました。
(続く)
posted by 淡路牛 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33105400
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック