2009年02月16日

バレンタインの催事総括

三河牛のチョコ祭りレポートの続きの話を書かせていただきます。

昨年三河牛のお友達からいただきました、チョコレートフォンデュ用のセット。喜んでその年のバレンタインデーは自宅でチョコフォンデュに挑戦したのですが、加熱するためのローソクがうまくつかなかったり、チョコをミルクで伸ばさなかったりしたため、「だいぶ失敗した」感じになってしまいました。

今年は昨年の失敗を教訓とし、事前に加熱用のローソク・チョコを伸ばすミルクをバッチシ準備していました。材料は、




こんな感じでフルーツ+ケーキで無難にまとめてございます。

chocolate fondue1chocolate fondue2

左:ミルク投入中 右:どろどろのチョコがいい感じに♪


今回はハード面は完璧です。ソフト面も問題ないはず・・・でしたが、喜んで食べ始めたものの、すぐに異変が訪れました。
チョコがずいぶん「苦甘い」のです。それもすごく濃ゆい!!ミルクで割りすぎるとチョコフォンデュではなくなりそうで、加減が難しいです。
今回用意したチョコレートはイズミヤで購入したリーズナブルな板割チョコ。何種類も食べ比べるのは難しいと昨年の経験からわかっているので、チョコはこの1種類だけです。甘ったるくならないように「ビター」タイプを使いました。
それがダメだったのかわかりませんが、甘すぎるで、苦い(泣)
甘くない具材を準備すればよいのかと思い、

chocolate fondue3

ご飯を使ってみました(笑)
おはぎみたいになるかな?


…激マズでした(泣)

さらに、三河牛が準備した具材のなかにチーズがあったのですが、これがカマンベールチーズ。苦甘い、チョコの風味が口の中を去った後にしょっぱい感覚が…

全然合わないねぇッス(泣)


致命的な失敗続きで、果敢に食べ続けるも辛くなるばかりで、試練のバレンタイン祭りとなりました。
どうも原因はチョコの選択を誤ったようです。安いイズミヤのチョコがダメだった……_| ̄|○

ただ、単体でその安いチョコを食べてみたのですが、それほど不味い感じはしませんでした。どうもチョコのおいしさやグレードだけではなくフォンデュ向き・不向きとかあるようですね。

そもそも甘いもの(特にチョコレート)がたくさん食べられない我々がチョコフォンデュをすること自体が間違いなのではないかという結論に達した次第です。
チョコフォンデュセットを三河牛に送っていただいた方々には誠に申し訳ございませんが、来年からはチョコではなく、チーズフォンデュをバレンタインに行いたいと思いますm(_)m

もはやチョコレートとは何の関係もなくなりましたが。いたしかたありません(x_x;;)

posted by 淡路牛 at 03:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの・グルメ
この記事へのコメント
激甘チョコを使って検証してみるとか、
牛乳の代わりに生クリーム使ってみるとか、
まだ検証の余地はあると思うのだがどうだろう?

…検証は来年になりそうだけど(^_^;)
Posted by 三河牛 at 2009年02月16日 16:36
>三河牛
ミッションお疲れ様でした。
でも、ワシはもう懲りた・・・・
Posted by 淡路牛 at 2009年02月18日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26787433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック