2007年11月18日

挙式前の四方山話(その1) フィギュアとタオル

三河牛との共通認識で「小物には凝ろう」と言うのがありました。式場選びの段階で自分たちの結婚式をイメージしていく中で固まっていったのが(というかそれだけしか考えられなかったのだが)ペーパーアイテムやウェルカムアイテムをはじめとする小物たち。
取り組んだ順番に書いてみます。

■イマイチ似ておらず、反応もイマイチだったフィギュア
中でもかなり早い段階で準備をしたのが「ウェルカムフィギュア」。アレは専門の業者サンにお願いした「マイフィギュア」という商品。
写真を何カットか写して送るだけでフィギュアにしてくれるというサービス。制作日数にはかなりの時間を要したため(というか注文が殺到して制作が間に合っていないみたい)出来上がりは結構ギリギリでした。出来上がりのファーストコンタクトでは自分はなかなか特長を捉えていて、いいのではないかと思ったのですが、三河牛の反応は今ひとつ。というか「こんなの私ぢゃない!」という感じでした。
一緒に仕事をしているK氏も「あんまり似てなかったね」と。これは失敗だったかも_| ̄|○

■7:3の割合で「いつ使うのさ?」と言われたオリジナルタオル
これは喜んでいただいた方と、困った方と意見が割れたとおもわれるアイテム。お願いしたのは自分がホームページを制作した大阪のタオルメーカー。自分のクライアント。
製造には50日近く必要であったので、8月はじめまでに入稿データを作成する必要がありました。
はじめは三河牛の助けを借りずに自分だけで作り上げるつもりで、大きな木の下に二人がいたり、夢列車に乗っていたり(笑)した案でした。時間が押し迫ってくる状態でイラストが出来上がらずに最終的には三河牛が書き起こしたイラストをメインに組み立てました。
二人が登場するのは当初から予定されていた内容で、「新婚夫婦の舞い上がった感じ」を表現するコンセプト(笑)。他にも使用された「すまいる」もこの段階で決まりました。二人の名前以外にも文字の要素は入っていたのですが、業者様にデータを入稿した段階で「潰れてしまうからやめてチョ」とダメ出しされ、現在の形に。
三河牛の書いたイラストがカワイイので自分が描かなくて正解だったようです。
それぞれの両親(というか両方の母親)にウケが良かったので、これは作って良かったアイテム。

自分の友人連中は貰って困っていると思います(^^;)
posted by 淡路牛 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13773371
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック