2009年05月01日

今回は陰性でしたが

090501_2115~0001.jpg
新型インフルエンザの件でニュース速報で大騒ぎになっていましたね。まだまだ心配です。

新大阪が職場ですから、いろんな地域の方がいらっしゃいます……と思っていましたがあんまり関係ないかもしれません。市内にいればどこも危ないことにはかわりないのかも。

昨日は恐ろしくなって発熱相談センターの連絡先だけは調べて起きました(^^;)

連休後半中は淡路島に疎開します(^^;)

その前に仕事のキリをつけないと。


ヤマ場になって来ました。
posted by 淡路牛 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話
2009年05月02日

現実逃避中

090502_1300~0001.jpg090502_1307~0001.jpg090502_1301~0001.jpg
近所にあるイタリア料理店でひとりランチ黒ハート(笑)

昨日は明け方まで作業に追われもう少しで終わりそう。あと3時間ぐらい。たぶん。

ラストスパートに臨むべくまえから気になっていたイタ飯屋さんにいってきました。
ホールのお姉さんが眼がぱっちりしてて、清楚な感じのする美人さんでした。

か、通っちゃおうかなぁ(*´Д`)=з
posted by 淡路牛 at 13:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | たべもの・グルメ
2009年05月06日

Xデーが近づいているものの・・・

ただいま淡路の里に帰省中でございます。

とんでもない渋滞を尻目にうまく淡路入りできました。時間的に夕方〜夜にほぼいつものルートを通って帰ってきたのですが、垂水→淡路方面は、スムーズな流れ。反対方面の淡路→垂水方面はなんと明石海峡大橋が渋滞。さらに淡路島の高速道路も渋滞していました。…これはオドロキです。途中に合流地点や料金所などない淡路島の本四道路。混みようがないはずの道路が混んでいる。このゴールデンウィークの渋滞の凄まじさを垣間見た気がしました。


この連休中に予定日を迎え、もうボツボツウチの子牛が生まれてもいいような感じですが、まだ生まれそうな感じはなく、今日も元気に動き回っているようでした。この連休は7日と8日も淡路にいる予定なのですが、その間に生まれるかどうか・・・という感じです。

お産が近くなる前は、「生まれたら嫁と二人きりの生活は、少なくとも20年近くはなくなる今の時間って貴重だよなぁ・・・(T▽T)」
としみじみ思っていました。ただ現在は、

「うぉっ!ベビーバスまだ買うてへんわ(( ;゚д゚))アワワワワ 」

「ぐおぉぉっ!ベビーカーとかチャイルドシートってなんでこんなに高いの!?(TДT)」

「うぬぅぅぅっ!あと俺の方で用意しとくモンはなんやねん!!」


とアワアワモードになっております。もう三河牛の二人きりの生活〜とかそんなことをほざく余裕は消え失せました。
焦りつつも、早く生まれろ、早く出てこいバッチ来い!!って気持ちもありますね。

三河牛からの指令でしておくことは、大きく分けて4つ。(以後備忘録的に記載)


【1.出生届】
  • 生まれた日を含み14日以内に。淡路の里にいてそのころ入院しているはずの三河牛は手続きできないので、自分の役目。
  • 母子手帳、印鑑、保険証、病院からの出生証明書が必要
【2.ジュニアの国保加入】
  • 医療費助成を受けるために必要。出生届と同時にやってしまうべし。
  • 保険証と印鑑と母子手帳を持って区役所の保険年金担当へ。
【3.児童手当】
  • H19年の所得が468万円未満なら申請可能。(6月以降に申請ならH20年で、506万円未満)→貧乏バンザイ!余裕でクリアだ!(T∀T)
  • 印鑑、通帳、保険証をもって、区役所内の保健福祉センター地域保健福祉担当で申請。
【4.子供の医療費助成】
  • H19年の所得が532万円未満の場合申請可能。余裕でクリア!(泣)
  • ジュニアの名前入り保険証と印鑑を持って、区役所内保健福祉センター地域保健福祉担当へ申請。
  • 「こども健やか医療証」が発行されるらしい。イヤッホウッ♪

これをミスして何も出来てないと大変なことになってしまうので責任重大です。まぁ、書類もって役所にいくだけなので問題ないとは思いますが。
他にもやることがありそうな気がするのですが、よくわかりません。
皆様のアドバイスお待ちしております<(_)>

posted by 淡路牛 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2009年05月08日

いまだ生まれず

ウチの子牛はずいぶんのんびり屋なのか、ただ両親、祖父母があせっているだけなのかわかりませんが、いまだ出てきません。
予定日過ぎて4日。
41週に突入しそうな予感です。

そろそろ出てきて欲しいなぁ(x_x)
posted by 淡路牛 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2009年05月09日

割腹完了

母子とも無事らしい。

さきほど生まれたそうです。
自分は愛知の義母を迎えに行くため神戸にいます。
良かった。
posted by 淡路牛 at 14:12 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
2009年05月10日

長い一日

今日は朝から天気が良く、初夏の感じ。布団を干して掃除をしっかりしよう、仕事はその後・・・みたいなスローなテンポで一日が始まりました。

程なく朝から病院に向かっている三河牛から連絡。

「病院に父・母共に来てください。」

「ほぉ・・・(分かってない)」

「良くない事です。・・・(何か言ってましたが覚えてません)・・・腹かっさばきます」

「・・・・・!?」

帝王切開はM社のTさんの奥様が二人とも帝王切開で産まれているので、危険なものという認識はありません。でも、自分の嫁だと話は違いました。そっからパニックです。昨日もいろいろあったものですから、仔牛の容態が良くないと思いました。
バタバタと準備をして親二人と病院に向かいました。

これまで診て頂いていたお医者様から仔牛の心拍数が陣痛に応じて激減しているという説明を受けて、帝王切開を進められました。このまま自然分娩をすると危ない、というか仔牛に何らかのハンディが産まれてしまうかもしれない。
予定日を過ぎてもまったく子宮口が開かず未熟なままという悪い要因もあり、手術を受けることに賛成しました。

ただ、その瞬間は三河牛本人も納得しているとはいえ、お腹にメスをいれて大丈夫なんだろうかという気持ちも残っていました。商売柄仕方がないとはいえ、「絶対大丈夫とは言えません。麻酔によっては半身不随になることもあります。出来る限りのことはしますけどね」とか言って脅されます(泣)
三河牛にはいい顔をされないと思いますが、子どもの命と嫁の命の両方が危険にさらされている状態で、自分が思う事は

「嫁を助けてくれ」

でした。いくら仔牛が無事でも嫁が今まで通りでなくなるなんて考えられない。あぁ・・・手術は反対するべきだったのか、でも子どもが無事でなければ、その子の一生に関わるし、三河牛も自分を責めるだろう・・・ぐおぅぉうぉうぉう・・・(悶)

と三河牛の手術準備(レントゲンやら剃毛やら)を別室で待っている間ぐるぐるしていました。(続く)
posted by 淡路牛 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛

終わらない一日

なんだか眠れません。

明日帰って明後日からたまった仕事をこなさないといけないんですけどね。

夜半前に自宅に帰ってきてからは、眠ろうとしても寝付けず、夕方取った、我が仔牛のハンディカム映像(ほんの数秒で保育器に入っている)を繰り返し見ては、うるうるしています。

行動が乙女チックだ(笑)

いや・・・気持ち悪い。でも仕方がない。
posted by 淡路牛 at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

長い一日(その2)

同室で待ちきれなくなった母が携帯を持って愛知の義母に連絡。

「お義母さんが愛知からこれから来るから、お前迎えに行ってきて、新大阪まで」

愛知県からお義母さんが来てくれる。助かる。やっぱり緊急の事態になれば、実の母親は頼りになります。というか、私の母親が相当ビビってしまったのでしょう。愛知にSOSを打診したようです。で、新幹線で来られる義母を迎えに行ってこいと言われました。

「これから三河牛が手術というのに、自分が行ってどうすんの!?( ゚д゚;;)
親父は迎えに行けないのかい?」

「お父さんは、今日は仕事です。お前しかいける人間はいないのよ」

ほどなく準備をすませ、手術室に向かう三河牛に面会。剃毛され、膀胱に管を通され、すっかり「患者モード」でございます。食べ過ぎで丸々と膨れていた顔がどこかやつれて見えました。やっぱり不安は隠せない様子。
自分は「ガンバレよ」とひとこと言ってあげられるだけでした。

旦那として、三河牛の手術に立ち会えないのは情けないと思うのですが、仕方ありません。
「男は役立たず」のレッテルを母に貼られ、関西の地理が全く分からない義母をここに運び込むことが役目になっています。義母に直接連絡をして、新大阪までは流石に遠いので、新神戸まで来てくれるようにお願いをして、準備をすませ車を走らせました。

この時の時間は午後12時40分ぐらい。後で分かった話ですが、まさにこの瞬間にジュニアが誕生していたようです。なんたる皮肉。(実際に面会できたのはさらに1時間以上後だったようですけど)

神戸への移動中は無事に産まれていることも知らされていないため、私は最悪のケースをシミュレーションしていました。ジュニアは死産し、三河牛は切開の影響で出血がひどく危険な状態。こんなところで自分は彼女の実母を連れて面会させなければならない。どんな言葉をかければいいのだ!?とか、
そんなヤバい状態に嫁がなっているのに、なんで自分はその場にいられずに神戸に走ってるの!?自分で淡路島まで来いよ!義母のヴァカ!!・・・・いや義母は悪くない。悪いのは無理矢理呼びつけた俺の母親だ!母のバカ野郎!!(-_-#)と関係者を恨んでおりました(^^;)

途中さらにケータイ電話を忘れたと勘違いして高速道路の路肩に車を駐めて血相変えて探し始めたり(ジャンパーのポケットに入っていました)高速道路の降り口を間違えて姫路方面に向かったりと、本当に気が動転していました。怒ったり、イライラしたり、悲しくなったり、凹んだり…妊婦ではないのですが、ジェットコースターのような気分の上がり下がりでした。

なんとか新神戸までたどりつき義母が乗っている新幹線を待ちます。時計は14時を回っていました。その間に母親からの着歴を見つけ電話をします。
散々悪いシミュレーションをしていたせいで、重い気分で連絡したのですが、スグに重い気持ちは吹き飛ばされました。

「良かったよ!二人とも無事や。産まれた〜〜」

重くのしかかっていたよくわからないものがガラガラと崩れていったような気がしました。(続く)
posted by 淡路牛 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛

長い一日(その3)

義母と新神戸で合流し、“手術はすでに終わっていて二人とも無事であること”を義母に連絡します。
往路は大変ブルーな気持ちで向かっておりましたが、復路は一変。余裕が出てきたので途中食事なんかもすませて、ゆったり移動しました。帰り道では1時間20分ぐらい時間がかかったと思うのですが、義母は10秒以上黙ることはなく、ただひたすらに話をされていました(笑)三河牛を遥かに凌ぐ元気さです。

洲本に戻ってきたのは午後5時過ぎぐらいでしたでしょうか。

義母を連れて病院にたどり着き、病室に入ると、マスクをしてややぐったりとした三河牛が。麻酔は半身麻酔だったようで、意識ははっきりしているようでした。ただ、おなかを切っているために、なにも食べられず、水を飲むことすら許されないようで

「……ごはん食べたい(;_;)」

と目を潤ませながら訴えておりました(笑)かわいそうですが、数日はマトモなメシを食べられそうにありません。

産まれたジュニアは別のフロアの新生児室にいるそうです。
誕生から遅れること4時間あまり。ついに父と娘のご対面!!

と、なるはずだったのですが、我がジュニアは低体重のため保育器にいれられていました。

ジュニア生まれたて.png
こんな感じ


と、遠い。しかもよく見えない。

あれは、本当にウチの子なのか?( ゚д゚)ポカーン

良く泣いて元気らしいので、まぁ、良かった…か。
という感じ。

・・・自分にも槌さん(三河牛のお友達)のような感動的な子どもとの対面シーンがあって、


「祖父母から両親へ、そしてチーム和牛からジュニアへと命が受け継がれていると実感した!」

「もはや理屈ではなく、心の底から溢れ出てくる熱い想いが云々・・・・」

とかスゲェ泣いちゃう予感をしていたのに

遠いし、扉2枚越し+保育ケースだし、よく見えないし。

ちっとも感動しない。けっ、つまんねぇ!!

というのが第一の感想でした(汗)嫁には申し訳ないと思っています。すみません。
母&義母は喜んでいるようでしたが。あまりにも父親になった実感がなく、知人の子どもを見せてもらったような感覚。

それでも先日このために買ったハンディカムで数秒のジュニア映像を撮影したのですが、ワキワキと動いたり、助産婦さんにお乳(ブドウ糖?)を呑ませてもらったりしている様子を繰り返し見ていると、こう・・来るモノがありますね。
生まれた日の夜にほんのり実感するモノを感じました。

はやく抱っこしたいですが、少なくとも来週までお預けのようです。ポテトのようなにおいをしているらしいので、早く間近で対面したいですね。
posted by 淡路牛 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛
2009年05月11日

いただきました

090511_2213~0001.jpg


一緒に事務所で仕事をしているK野さんからお祝いをいただきました。ファミリアのバスタオルとよだれかけ。

カワイイです(*^^*)。ジュニアにぴったり。三河牛に報告すると、

「カワイイし、すごい役に立ってくれそう♪」

と喜んでおりました。
ありがとうございますm(_)m K野さん。
posted by 淡路牛 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2009年05月17日

順調に育っています、三河牛も回復

週末は淡路の里に帰省して、三河牛とジュニアの様子を見に行ってきました。

体重も順調に増えて、数日前から保育器から脱出を測れたようです。1週間ぶりに様子を見ることが出来たのですが、新生児室の窓越しとはいえスグ近くで見ることが出来て感激しました。


とにかくちっちゃい!!(≧∀≦)


ベビーカーに乗せてもらったりしている街で見るベビー達は、おそらく生後半年とか1年ぐらいなんでしょうね、そのサイズの印象だけ残っていたので、産まれて1週間のジュニアの大きさをみると、それはそれは小さく感じました。

それでもひたすら泣きまくっていた生後1日目と比べると、元気いっぱいで、おっぱい飲む→寝るの繰り返しらしい(^^;)
しばらく新生児室のジュニアを見入っていましたが、ずっと寝ていました。

明後日にも二人とも退院予定なので、来週はついに抱っこ出来そうです。
嫌われないように歯を磨いて、ちゃんとヒゲも剃って対面したいと思います(笑)
posted by 淡路牛 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛
2009年05月18日

いいメシ食ってた三河牛

090517_1754~0001.jpg


日曜日の夜に三河牛が入院している産婦人科のゴハンをいただきました。
退院の最終日には「祝い膳」という特別メニューが出るそうで、ダンナも一緒に食べられるみたいです。火曜日に退院予定なので、本来は月曜日なのですが、1日スライドしてもらいました。

通常食に加えて、お刺身がついていたのですが、これが美味♪身が締まっていて甘みもあるお刺身でした。通常食の煮物も美味しい。デザートのメロンもうまかった…(涙)

手術後数日はロクに飯も食べられなかったみたいですが、その後はこの美味しいご飯が三河牛の心をつないでいたようです(嘘)

火曜日から新しく家族が一人増えた生活になるので、嫁も負担も計り知れない。姑である母との関係もあるので、できるだけコミニュケーションをとっていきたいところです。

心配でもあり、楽しみでもあり、複雑です(^-^;)
posted by 淡路牛 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛
2009年05月22日

マスク売ってません

感染者が300を超えた新型インフルエンザ。どんどん感染者の数は多くなっていますが、これ、治って退院した人の数とかは引かなくていいの?とかいろいろ思うのですが。

自分の場合は、感染して1週間近く寝込むことになるとビジネス的に死活問題になりかねないほか、産後間もない三河牛とジュニアに移ってしまうとえらいことになるので、出来る限り人混みは避けるようにしています。電車乗る時もマスク着用。

使い捨てのマスクが無くなったので、次に電車に乗るときは、工業用の粉塵マスクになりそうです(泣)

mask-dr-33l.JPG
さすがにこういうヤツではありません(笑)
自宅にありますけど、これで電車乗ってたら注目の的ですね。


3mmask-8710-ds1.jpg
こんなヤツです。ホコリに巻かれるとすぐに風邪をひくので、以前から大掃除するときとかこんなやつを使ってました。


今日のニュースでは「騒ぎすぎ」とか「感染者がマスクをするべきで予防のために使うべきではない」とか報道されてましたけど、関西で感染が発覚したときは
「マスクは有効」
とか報道してたような気がするんですよね。う〜む・・・・

そういえば、関東で初めて感染が確認された女の子は海外滞在中はずっとマスクをつけて、手洗いもこまめにしていたそうな。
それで感染してしまうとは・・・ニュースで言ってることと違うじゃないですかぁ(泣)

mask-dr-33l.JPG
やっぱりこれするしかない!?ゴーグルも要るか!?
posted by 淡路牛 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2009年05月26日

遺伝する三河富士

この土日に退院した三河牛とジュニアに会ってきました。退院して数日後のことです。

保育器から脱出したジュニアの成長は著しく、おそらく先に三河牛だけ退院するのだろうと思っていましたが、母子共に健康で同時に退院。すばらしいです。

生まれた直後に抱っこし損ねたので、このとき初めて抱っこできました!ほわほわしていて、フカフカしていてとても和みます。デレデレになっていると母親からは

「ペットと違うんやで(-_-#)」

とクギを刺されました。えぇ、わかってますよ親としてがんばりますよ・・・_| ̄|○

顔は自分(淡路牛)に似ていると三河牛他、言いますが、しっかりブレンドされていると思います。むしろ自分が見ている限りでは三河牛に似ているところの方が多いように思えます。

とくにこれ、

親子の遺伝

口は三河牛にそっくりです(笑)
密かに三河牛の上唇を「三河富士」と名付けていました。井上和香のようなタラコ唇と少し違って唇のてっぺんに特にボリュームがあるのです。
そして鼻の下のミゾ(人中とか鼻唇口とかいうらしい)がはっきりとついているところも母親譲りですね。自分のミゾはほぼありませんので・・・(^^;)
角度によっては自分の母親に見えたり、義兄に見えたり・・・面白いですね。
大きくなるにつれてまた顔が変わっていくと思います。これは楽しみ。


血液型も判明しました。

B型です・・・

残念ながらウチの家系だから仕方ないのです、三河牛は少し残念がっていましたが、O型は生まれないわ(-人-)
posted by 淡路牛 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム和牛
2009年05月31日

激闘中、新生児というモンスター

淡路の里に戻ってます。毎度、毎度のことですが正直ちょっとしんどくなってきています(泣)

土日に実家に帰ると家のことがなかなか出来なくなってしまう上に、なんだかんだ言って一回の移動で5000円以上かかってしまう痛さもあって、体力的にもフトコロ的にも辛くなって来ちゃいました…

それでも我がジュニアには会いたい。(もちろん三河牛もですが)
気持ちは揺らぎまくりつつですが通ってます(^_^;)

少し大きくなったジュニアに三河牛は戦争状態の模様。夜中にグズりだすと大変です。
夜中2〜3時間おきにミルクとおしめ替えタイムがあるので、ホント眠れません。普通にミルクを飲んで寝てくれる分にはまだいい方だそうです。
なかなか寝てくれないときや、ミルク吐いちゃったりした時は非常事態。スムーズにおしめ取り替え・授乳・げっぷ・寝かしつけを行いたいところですが大抵どこかで止まってしまいます。

昨夜は1時ミルク後に就寝、3時ミルク時には自分は起きられず(目は覚めた)三河牛一人で対応。6時ミルクはなんとか参戦。そして10時にもミルク……
連続3時間眠れないのはかなりしんどいですね(泣)退院後10日このサイクルで生活している三河牛には頭があがりませんm(_)m

あと2ヶ月はこの状態が続きそうです。
が、がんばるぞぅ\(´・ω・`)/
posted by 淡路牛 at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | チーム和牛